代表プロフィール

iDaps代表の石田伸二がどんな人か知ってもらうために少しだけご紹介します

代表プロフィール2019-09-29T10:28:43+00:00

iDaps 代表 石田伸二

ドローンパイロット、プロカメラマン

CI制作やイラストレーターなど、グラフィックデザイナーとして自身のキャリアをスタートし、7年間の経験と実績を積んだのち、2001年に家業であるいしだカメラ店に就職し撮影技術を学ぶ。

カメラ店での撮影技術を習得したのち、ウェディングフォトグラファーをはじめ、七五三・プロフィール撮影など、主に人物撮影をメインとしたプロカメラマンとして活動。拠点の広島県のみならず、多くの地域に多くの顧客を持つまでになる。

その後、デジタル一眼レフを使用した動画撮影を独学で習得。主に自治体のプロモーション映像を制作する傍ら、2010年からドローンを使用した撮影を開始し、デザイナー&カメラマンとしての絵作りのセンスを活かし、見ていて気持ちいい映像が評価され、映画・CM・テレビ・企業PV・MVなどを手掛け、現在に至る(※日本全国のドローン飛行許可承認を国土交通省から取得済み)。

2018年7月に西日本で起こった平成30年7月豪雨で被害を受けた地域の現状を継続的に撮影しつづける、報道写真家の顔も持つ。

現在はドローン撮影サービスをはじめ、人物からブツ撮りの写真撮影、ビデオ撮影&編集など、写真と動画を軸に幅広く活動している。

プライベートの趣味は、一緒に住んでるネコとまったり遊ぶこと・筋トレで自分をいじめること・4WD車でクロカンする事・自家焙煎機で自分好みのコーヒーを作って飲んだり友人に振る舞うこと。