iDaps(アイダップス)の特徴

iDaps がなぜ指名され続けるのかがおわかりいただけます

iDaps(アイダップス)の特徴2019-09-29T10:39:00+00:00

iDaps の特徴、それはドローン撮影に写真家の技術を結実させたこと

iDaps(アイダップス)とは、プロカメラマンとして25年のキャリアを有する石田伸二がドローンの黎明期からその操縦を研究し尽くし、2011年という早期に事業開始したドローン撮影サービスです。
当サービスは、2019年日本アカデミー賞を受賞した映画の撮影をはじめ、全国ネットのテレビドラマや番組や、グローバル企業の公式プロモーション映像などの法人用途の撮影から、結婚式で上映する映像などの個人用途の撮影まで、法人・個人を問わずコストパフォーマンスに優れたサービスをご提供しています。
iDaps が特に得意とするのが映像撮影技術で、被写体に当たる光を知り尽くし美しく見えるアングルを映し出すという、プロカメラマンが手掛けるからこそ表現できる、あまたのテクニックを駆使した豊かな映像表現をお客様へ提供いたします。

特徴1.高い映像品質

ドローンでの撮影であってもその目的はあくまでも映像を撮影すること。映像の品質がもっとも重要です。その点、写真と動画撮影のプロが手掛けるサービスだから映像品質の心配はいりません。
映像品質を評価いただいているから、法人様はもちろん、結婚式用の撮影など個人様のご利用も豊富です。

特徴2.高いドローン操縦技術

iDaps はドローンの空撮が一般的でなかった時代からその可能性に気づき、数年に渡って安全管理を含めた操縦技術を鍛錬した上で2011年という早期に事業開始したサービスだから技術的アドバンテージを持っています。

特徴3.徹底した安全管理

ドローン空撮において大切なポイントのひとつに「安全管理」があります。ドローン機器が対人・対物へ危害を加えないことは何よりも優先されるべきことです。iDaps は、ドローンでの撮影が一般的でなかった時代から安全管理への鍛錬を重ねており、さらに、2015年に国が飛行ルールを制定すると直後に全国対応の飛行認可を取得し、毎年認可を取得し続けています。

特徴4.豊富なノウハウ

ドローン黎明期から蓄積された長年に渡る撮影・操縦ノウハウが豊富だから、どなたでも安心してご利用いただけます。

特徴5.豊富で質の高い実績

その映像品質の高さから、映画や全国ネットのテレビドラマ、バラエティ番組、グローバル企業や官公庁ののオフィシャルPVまで、幅広い納入実績がございます。
2019年度日本アカデミー賞を受賞した映画「孤狼の血」や、TBSテレビドラマ「この世界の片隅に」のドローン撮影も手掛けています。

iDaps は法人様だけでなく個人様もご利用いただけます。撮影技術と安全管理をご評価いただき、結果的に法人様にご利用いただく比重が高いことは確かですが、空撮映像を撮りたい重みは法人様も個人様も同じです。個人様の用途でもお気軽にお問い合わせください。ドローンでの空撮撮影はアイデア次第でさまざまな用途でご利用いただけることがとても良いところです。

BRAND PROMISES( iDaps の約束 )

「映像にもプライドを持って欲しい」。それが iDaps の願いです。
今の時代、誰でもドローンを使って写真や映像を簡単に撮れるようになり、多くのドローン撮影会社が誕生しています。しかし、肝心の「映像品質」が疎かな作品が多いことが業界の問題となっています。
撮影した映像は編集されて多くの人に見られることとなり、それはまさしく「お客様の顔」になります。
その「顔」が、カメラマンとして力量不足の低品質な映像ですと、それはそのまま依頼元のイメージになってしまいます。
映像のプロである私たち iDaps は、どんなお客様にも価格では比べられない「映像品質保証」をお約束いたします。