瀬戸内に浮かぶ工場島のドローン撮影を担当しました

こんにちは、iDapsの石田です。

瀬戸内に浮かぶ工場島のドローン撮影を担当しました。工場島で言えば思い浮かぶのは長崎県の「軍艦島」ですよね。でも瀬戸内海にも在ったんです!

写真で見ても分かる通り、本当に工場しかありません!関係者のみしか上陸許可が出ないため、我々撮影班も漁船をチャーターして海上からの撮影となりました。

海上での撮影ではphantom4proが大活躍です。画質はマビック2proの方が多少綺麗なのですが、なぜかファントムと言うと「脚」があるので漁船のような場所でしたら脚付きドローンがハンドキャッチするにも適しているからです。さらに、phantomの流線型な形は海風でも有利な気がするんです。これまでマビックもファントムも海上で飛ばしましたが、モーターパワーもボディ形状も含めファントムが強い気がします。

iDapsはこれまでの経験を生かした適材適所で機材を決めて撮影に臨みます。また県外出張撮影も受付ておりますので、お気軽にお問い合わせください。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました。

2020-06-16T13:40:46+00:00